ルパンの娘の原作【ネタバレ結末】感想やみどころ!結婚は運命か計画か?

『ルパンの娘』原作、横関大さんの小説が深田恭子さんと瀬戸康史さんでドラマ化されることになりましたね!

そこで今回は、ルパンの娘の原作のネタバレ結末や感想そしてみどころについて紹介していきたいと思います。

結婚は運命?それとも計画?

それでは早速チェックしていきましょう!

Sponsored Link

『ルパンの娘』の原作ネタバレ前半はこちら!

物語は主人公の三雲華が婚約者の桜庭和馬の実家に行く所から始まります。

家族に紹介したいとその日、突然言われ連れてこられた華は緊張しながら家に入ると1枚の写真が目に入ってきて氷つきます(゜゜ll

和馬は公務員で家族全員公務員と聞かされていましたが、その写真を見て全員が警察官であることが分りました!

和馬が警察であることを黙っていたのは、今までの彼女が警察官という職業が原因で離れていった事もあり、結婚を考えている華にも言えなかったようです。

なんとか一通り家族にあいさつし、帰る華は困惑しながら家に着くと、出てくるのはため息だけでした。

と言うのも華の家は両親が泥棒で、祖母は鍵師そして祖父の巌は伝説のスリ師で兄はハッカーと全員が泥棒を生業としているからでした。

その為、華も和馬には住んでいる家を偽り家族のことも話していなかったのです。

華だけは図書館に勤めてまともだと思っているが、華も3歳から巌に仕込まれ、無意識のうちにスリをしてしまう癖があります。

気がつくと今日も和馬の祖父の和一の時計を盗んでいたことに気が付きます。

avatar

華も生まれながらのスリの逸材なんだね。

そんなある日、河川敷で顔がつぶれた遺体が見つかります。

被害者は立嶋雅夫という老人ですが、兄はこのニュースを見てこれは祖父の巌だといいます。

兄は巌に言われ、警視庁のデーターベースに侵入して写真と指紋を書き換えたというのです!

祖父は誰にやられたのか?警察に介入できない華は独自で調査を進めます。

しかし、華の知らない所でこの事件を担当しているのは和馬だったのでした。

和馬は本当にこの被害者が立嶋なのか疑っていました。

そして華はあるスリに出会う事で、巌と和馬の祖父の和一が知り合いである情報をつかみます。

一方、和馬は自分の勘を元に立嶋の過去を洗い出すことで、警視庁のデータベースにある立嶋は別人で、伝説スリ師だと発覚するが名前までは掴めないでいました。

そんな中、和馬は休日に華を連れ貴金属店に向かい突然、婚約指輪を選ぼうと言い、店員さんに新作のクローバーの指輪をみせてもらっています♡

そこでばったり華の母に会ったことで両親の顔合わせを行う事になりました。

そのまま話は進みお互いの両親も気に入ったと言うことで縁談はどんどん話しが進んで行きます。

そして会食も和やかに終わりますがその時、華の母がクローバーの指輪をつけている事に気がつき和馬は違和感を感じていたのでした。

お母さんは貴金属専門の泥棒だからあの時盗んじゃったとか!?

avatar

その後、立嶋の操作は終了と命じられたが、和馬は諦めないで調査し、立嶋は巌ではないか?

とたどり着いたのは華が住んでいると言っていた家だったのです!

和馬は華を呼び出し確信を突き、祖父が巌であることを明らかにし、華の嘘は全てばれてしまうのでした。

『ルパンの娘』の原作ネタバレ後半はこちら!

もう終わりだと思っている華でしたが、勤め先にやってきた和馬の妹から家族会議で二人の結婚が認められたと報告されます。

華は結婚できないと妹に告げますが、家に帰ると華の両親も結婚の準備を進めており、華は部屋に引きこもるのでした。

avatar

華はロミオとジュリエットの様な心境なんでしょうね。。

その頃、和馬は別件で進めていた貴金属店強盗の事件の進展に直面していました。

その事件に関わる車を発見し、逮捕したヤンから話を聞くと二人組に横取りされたという供述を始め、和馬は華の母がしていたクローバーの指輪の事を思い出しました!

その後、まだ気になっていた和馬は三雲巌について話を聞くのですが、Lについて語る同僚によるとLとはルパンの頭文字で三雲家は『L一家』と呼ばれ、家族全員が泥棒でその一家のおきては悪い奴らからしか奪わない!というものだと知るのでした。

その話からL一家の手がかりになりそうな事件で犯人のものと思われる女性の長い髪を手に入れた和馬は、華の母を疑い華の事で相談がある様に装い母の吸い殻を回収するのでした。

一方、華は和一と巌の関係の真相にたどりついていました。

その真相を和一から聞くことになります。

大学の寮で二人は一緒で、和一は今の奥さんと結婚するきっかけは巌が腹痛を起こして行けなくなった代わりに和一がデートに行くことになったことだったのです。

そしてとある事から月一で会うようになった二人は、もし二人の孫が結婚したらどうなるだろう?

という笑い話から二人を会わせる為に和一の借りた本を和馬に返しに行かせたが、まさか二人が本当に付き合うと思っていなかったことも明かしました。

華は盗んでしまった時計を返そうとしましたが、それは巌にもらったもので巌が亡くなったことを悔い救えなかったと謝られるのでした。

その後、和馬は髪の毛と華の母の吸い殻のDNAが一致したことで、和一に華の事だというのは伏せて相談をしていました。

知り合いの家族が犯罪にか関わっていることを知ったがどうすればいいか?

という問いに和一は肉親でも犯罪を犯したら逮捕しなくてはいけないのだからおまえの考えは間違っていないが、例え話として逃げるすきを与える方法もあるという話でした。

そこで、和馬は華に別れを告げに行く事を決め、華に独り言として聞いてほしいと話し出します。

盗みをする一族についてその正体に気付いた刑事がいて、その刑事は証拠もつかんでいて、それを告発するには今夜であるとの話でした。

華は和馬の気遣いをうれしく思い、すぐに家に帰り、この話と共に和馬の家が警察一家であることを家族に告白するのです。

華は父に叱られ、一家を危険にさらした事から勘当され華は家を出ていくのでした。

華は翌日和馬の家に謝りに行く約束をしていたので桜庭家に訪れていた。

謝る華に和一は桜庭家の秘密について語りだします。

和一の妻の伸枝は大学時代にに襲われたことがあり、その時一緒にいた巌は守れなかった伸枝の為にその犯人を捜し出すのにずっと犯人を追っていたと言います。

もちろん和一も同じ気持ちで探していたが、30年見つけることはできなかったと。

しかし最近、巌から見つけた!と聞き、巌から今日会う!と連絡を受け、なんとか場所を聞いて現場に着くと息を引き取りそうな巌が待っていました。

そして、巌に顔を。。と言われ息を引き取った後に顔を殴り誰か判別できないようにしたのは和一だという話でした。

avatar

巌は家族に迷惑が掛からないように万が一の時は他人になり済ますつもりだったんだね。

和一は和馬に告発するならしろ!と言うがそれを聞いた華が謝ると巌の形見としてMと刺繍されたハンカチを和一から渡され、桜庭家をあとにします。

華は巌の命を奪った犯人がまだ生きていることに怒りを覚えていました。

和馬と別れて1年後、和馬はえみりという女性との結婚を控えていました。

結婚の準備を進め買い物をしていた和馬はあのMの刺繍が入ったハンカチと同じものが売られているのを見つけます。

そして、巌がなくなったのは1年以上前のものなのにあのハンカチは巌のものではないと気づき再び捜査を始めています。

一方、華の家は一家離散していましたが、兄が家族に集合をかけていました。

兄の話は華は幸せにならなければならないのだから新郎を盗もう!という話でした^^

戸惑う華でしたが、家族は乗り気で和馬の結婚式当日に作戦通り決行し、華の母に拘束された和馬はまだ華のことが好きだと見破られるのです。

そのまま何もかも捨てて華とハワイに出国するように言われますが、その時、和馬に入った連絡は巌の命を奪った犯人が分かった!というものでした。

そのことで、華一家に協力を求める和馬はそのまま式を行います。

その理由は式に犯人がいるからです。

その犯人は、警視庁総監の息子の巻であのハンカチのMは巻という意味で巌が加害者からとっさに盗んだものでした。

式で事件の真相が明らかになり、式は破綻し和馬は巻を捕まえた事で、褒められたが桜庭家の泥を塗ったことで、勘当されます。

華と一緒になれってことだよね?

avatar

和馬と華は結婚することになり、華の家に挨拶に行き二人が部屋に入るとなんと巌と和一がそこにいました(・・!

巌は生きていたのです!

あの被害者は本当に立嶋であること、そして全ては巌と和一の計画であったと明かされるのでした。

最後のシーンでは華がお腹に手を当て、ひ孫ができたと喜びここまでは予想できなかったという祖父たちの会話で締めくくっています。

ルパンの娘ドラマの最終回結末についてはこちらの記事もどうぞ^^!

『ルパンの娘』は横関大さん原作のロングセラーとなっている同名の気小説を元に7月に新木曜ドラマとしてスタートします! そこで今回は、ルパンの...

Sponsored Link

『ルパンの娘』原作感想やみどころはこちら!

前半のあらすじでは、ロミオとジュリエットのようなラブストーリーなのかと思って読み進めていましたが、ここでやめてしまうのはもったいないです。

なんといっても、華の家族の個性の強さそして、実は華も逸材のスリというコメディ的設定もなかなか面白いです。

そして、巌の事件のミステリー性は和馬の刑事の感と独自に進める華の操作が入り組み、読み手側の想像もかきたててくれるのもポイントですね^^

なんだかんだ言っても和馬も実は、桜庭家もの家族も華を気に入っていて最後まで父以外は応援してくれている姿。

そして、巌と和一の過去の話もなかなかほっこりさせられる話で、実はこの巌と和一の過去が全て事件にも関わっている。

という最後の回収劇についていけなくなりそうな大どんでん返しもあるので、最後まで楽しんで読むことができました♪

注目ポイントはやはり最後の新郎を盗むという作戦劇で、ただですら面白そうな展開なのにここに巌の事件解決まで盛り込むという盛沢山な内容に最後まで引き込まれていくと思います。

ミステリー好き、ラブコメ好き共に楽しめる内容にもなっているので、ドラマ化ということで、華の家族や巌と和一のキャストにも注目したい内容になっていました。

今回のあらすじはポイントだけまとめているので、和馬の心情や巌の苦悩そして華のけなげな姿を小説を読むとよりリアルに感じられますよ^^

原作『ルパンの娘』はこちら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2019/5/31時点)

楽天で購入

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?『ルパンの娘』原作を読むだけでもなかなかおもしろそうな話ですね。

ドラマではどんな展開を見せてくれるのか?そして、華や和馬をどう演じてくれるのか?他のキャストにも注目ですね。

原作だけでなくドラマで映像としても『ルパンの娘』を楽しんで見ていきたいと思います!

気になるドラマ『ルパンの娘』も見てみたいなと思った方や見逃したシーンがあるからもう一度みたい方はこちらから動画を見ることができますよ^^!

『ルパンの娘2』は前作でも人気を集めたパロディ満載のドラマで続編も気になっている方も多いと思います。 そこで今回は、この『ルパンの娘2』の...

Sponsored Link