知らなくていいコト1話の東源出版のロケ地は?病院の撮影場所なども!

『知らなくていいコト』は吉高由里子さん主演の出版社を舞台としたドラマで、彼氏役が重岡大毅さんという事でロケ地が気になっている方も多いでしょう。

そこで今回は、1話でも登場するメインのロケ地となる東源出版について調べてみました。

今回はお母さんが運ばれる病院の撮影場所についても調べてみましたよ^^

それでは早速チェックして行きましょう♪

Sponsored Link

知らなくていいコト1話の東源出版のロケ地はこちら!

まずは、メインとなる吉高さんと重岡君が働く東源出版社のロケ地について調べてみました!

こちらについては入り口の感じから歴史的な近代モダンを感じられる建物で、横浜などで撮影されたんじゃないかな?と思い調査して見るとこんな情報を発見しました。

確かにドラマの雰囲気と言い、重岡くんが前に出演していたドラマとあって同じ場所では?との噂が多かったです。

ちなみに天天ビルはあまりモダンな感じのビルではなく、その横にある横浜の日本郵船ビルにの方が雰囲気が似ているのですが、調べてみた所微妙に違う感じがしました^^;

こちらについては詳しい情報をキャッチしましたら追記させて頂きますのでもうしばらくお待ちくださいませm(__)m

追記

外観の建物が判明しました。

日証館ビル
住所:東京都中央区日本橋兜町1−10

こちらで間違いないと確認がとれました。

ここは、『イノセンス冤罪弁護士』の舞台になった法律事務所のロケ地として使われた場所でした。

ちなみに東源出版週刊イースト」編集部の様子についてですが、こちらはセットでの撮影と確認が取れています。

気になる2話のロケ地はこちらですよ^^!

知らなくていいコトは吉高由里子さん始め、重岡大毅さんなど人気キャストも多くロケ地が気になっている方も多いと思います。 そこで今回は、2...

知らなくていいコト1話のロケ地は?病院の撮影場所はこちら!

次に、今回主人公の真壁ケイト(吉高由里子)の母である秋吉久美子さんが運ばれる病院について調べてみました。

こちらの病院については最近よく使われている様な大きな病院ではないと思われます。

病院と言えば、横浜の多くの病院がドラマのロケ地に使われているので、撮影は横浜ではないかと思います。

こちらも詳しい情報がまだ掴めていませんので、調査結果が上がりましたら追記させて頂きますのでもうしばらくお待ちくださいませm(__)m
 
こちらはお母さんの秘密そしてケイト自身の秘密が分かると行くことで重要なシーンになりますので、注目ですよ(; ・`д・´)
 
追記
こちらの病院の場所が判明しました。
湘南平塚病院
住所:神奈川県平塚市宮松町18−1

こちらも他の作品で使われていた撮影場所で、こんな作品で使われていましたよ。

・緊急取調室

・サイン~法医学者柚木貴志の事件~

・ボイス110緊急指令室

など

Sponsored Link

知らなくていいコト1話撮影場所などは?のロケ地は?

この他、今回ケイトが追う詐欺ネタの取材者である女性(倍賞美津子)のいる茶道教室などが登場する予定です。

こちらの茶室については私の独自調査によるとこちらではないかと思います。

調査結果はこちらです。

紫栄庵
住所:神奈川県横浜市神奈川区片倉3-8-2

同じような月のオブジェもあった事からこちらで間違いないと思われますが、またドラマ放送終了後になにかあればこちらに追記させて頂きます。

1話では吉高さんもこの茶室に訪れていましたね^^

ちなみに今までドラマ『女囚セブン』やNHKの特別ドラマなどのロケにも使われていましたが、レンタルスペースとして一般の方も借りれるので、コスプレイヤーの方が利用する事も多い場所です。

この他、ケイトが取材で訪れた喫茶店についても調査してみました。

珈琲亭ルアン
 住所:東京都大田区大森北1丁目36−2

こちらも今までにドラマなどで使われている場所でしたよ^^

こんな作品で使われていました。

・『相棒』

・『明日の約束』

・『まだ結婚できない男』

など

レトロな喫茶店といった雰囲気のあるお店でロケに使われやすいんですね。

ここからは、1話のあらすじを少しまとめて紹介していきたいと思います。

『知らなくていいコト』1話あらすじ

主人公の真壁ケイトは一流週刊誌の『週刊イースト』の特派員記者として仕事に恋に銃地涌した日々を送っています。

しかしそんなある日母(秋吉久美子)が倒れて最期に『父はキアヌ・リーブス』だと言い残し亡くなってしまうのです(; ・`д・´)

その事を、後輩で恋人の野中春樹(重岡大毅)に相談しますが、ジョークだろうと取り合ってくれないのですが。。。

その後、仕事復帰したケイトは以前から追っていた詐欺ネタについて編集長(佐々木蔵之介)に直談判し、自分は騙されていないと信じる多賀笑子(倍賞美津子)に取材する為茶道教室に入門します。

しかし取材は難航し、ちょうど海外出張から戻って来たケイトの元彼(尾高由一郎)が線香をあげに家に訪れます。

そこで、母の最期の言葉について話すと「ステキじゃないか」と言ってくれる元彼に元気をもらうのです。

そんな中、元彼の尾高は毛糸に言えない3年前のある出来事を思い出すのですが。。。

一方、ケイトはその後母の遺品からある物を見つけ自分のルーツに関わる衝撃の事実を知る事になるのです(; ・`д・´)

母の秘密、そして自分のルーツの真実となんだか1話から引き込まれる内容になっていますね( *´艸`)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

1話の感じを見ていると横浜でのロケが多そうな感じですね!

ロケしやすい場所という事で今後も名所が登場しそうですね( *´艸`)

これからも『知らなくていいコト』のロケ地や撮影場所など気になる点について調査しながらドラマを楽しんで見て行きたいと思います。

https://bonnesan.com/12418.html

Sponsored Link